お尻の毛嚢炎の症状やブツブツ対策についてナビゲーションしているサイトです。お尻の毛嚢炎について説明しているところは少ないので、気になる人は覗いてみてください

お尻のブツブツ【毛嚢炎・毛包炎】という症状について

毛嚢炎という肌トラブルがあります。
よくお尻にできやすいものなのですが、毛穴の中には毛包といって毛根を包んでいる部分があります。

この毛包の部分に黄色ブドウ球菌が入り込んでしまい感染してしまう状態になってしまうことです。

なので毛嚢炎、または毛包炎という名前がついています。
感染症ということになるのですが太ももやお尻に出来やすい事でも有名です。
場合によっては一個だけでなく複数で十箇所ぐらい出来てしまうこともあります。

昔は毛嚢炎という呼び方ではありませんでした。
昔は「ちょう」と呼ばれていました。

外用薬の用途のなかにまれに「おでき、せつ、ちょう」などといった記載があることがあります。

この「ちょう」は毛嚢炎をさしていることになります。

感染しやすい状況の人もいます。
それは糖尿病の人です。

糖尿病の人は比較的免疫が落ちている状態の人が多いので感染して症状が出やすいです。
なので糖尿病の人は毛嚢炎を初めとして他の感染症にも注意する必要があるということです。

よくお尻に出来やすいことで有名な毛嚢炎ですが、他の場所にも出来ることがあります。
背中や頭にも出来てしまうことがありますのでお尻だけに出来てしまう症状ではないということを理解しておくと良いでしょう。

また、人によっては何回か繰り返し毛嚢炎になってしまったり、体中に出来てしまうような多発性毛嚢炎になってしまうような時もあります。
症状の重さによっては医療機関への受診をしましょう。

その他、お尻に関するお手入れについては
お尻ニキビ・お尻の黒ずみ治療ガイドをご覧下さい。